オブジェクト指向技術のセミナー(案内)
技法実践室@Chamos LLC.

   

1.  オブジェクト指向技術入門

目的 CGオブジェクト、オブジェクト指向の要素、Smalltalkプログラミングを通して、

       オブジェクト指向を実践する態度を身につけるための土台を作る

   教材 テキスト、プログラム、PC/期間 1日/人数 20

タイムスケジュール

           午前中:オブジェクトに触れる(昼休み後30分 課題結果発表)

           1.5H: オブジェクト指向概説

           (休憩)

           2.0H: オブジェクト指向を観る

 

2.  astah*で学ぶUML入門

目的 UMLを日本語で読めるようになり、astah*を使って書けるようになる。

   教材 テキスト、プログラム、PC/期間 1日/人数 20

タイムスケジュール

           午前中:UML概説 ユースケース図

           2H: クラス図 ステートマシン図

           (休憩)

           2H: シーケンス図 アクティビティ図

 

3.  マネージャのためのUML入門

目的 UMLを理解し、開発のどの時点で何を使うと有効なのか理解する。

       部下が「UMLモデルで分析設計開発ができるようになる」ことの必要性を認識する。 

   教材 テキスト/期間 半日/人数 20

タイムスケジュール

           1.0HUML概説 ユースケース図

           1.5H: クラス図 ステートマシン図

1.0H: シーケンス図 アクティビティ図

 

4.  オブジェクト指向ソフトウェア開発プロジェクト体験実習 (パンフレット)

目的 チームで、システムを設計から実装まで一貫して開発することを通して、

OOA/OOD/OOPを実践し、そのプロセスとプロダクトの合理的な連なりを理解する。

   教材 テキスト、PCMindstorm/期間 58(+1日) /人数 5チーム(20名)

タイムスケジュールはお問い合わせください。

 

5.  マネージャのためのオブジェクト指向開発プロセス

目的 「オブジェクト指向ソフトウェア開発プロジェクト体験実習」を開発実例として、

オブジェクト指向開発プロセスを理解し、その正当性、優位性を理解する。

   教材 テキスト/期間 半日/人数 20

タイムスケジュール

     1.5H: オブジェクト指向及びUML概説

     2.5H:  実例で観るオブジェクト指向開発プロセス

 

6.  Javaプログラミング入門

目的 Java言語の記法・文法を学び、

演習を解きつつオブジェクト指向プログラミングを体験する。

   教材 テキスト、PC/期間 4(+1日) /人数 20

タイムスケジュール

     平均2H程度: Javaのこと ともかく書いてみよう Eclipse もう少し慣れてみよう

Javaのデータ型とリテラル、そして、変数 Javaの基本構造 カプセル化

Static~クラス変数、クラスメソッド 継承 抽象クラス、インタフェース

クラスライブラリ 例外 入出力処理 スレッド

 

7.  SQL入門

目的 RDBの「関係(リレーショナル)」の意味と効能を理解し、課題を通して納得する。

教材 テキスト、PC/期間 1日/人数 20

タイムスケジュール

           午前中: SQL入門

           1H: SQL入門

           (休憩)

           3H: ER図とSQL演習